ホーム > イベント情報
 
〜加藤雄大撮影監督 講演会〜
第2回(全6回)
「空撮の舞台裏」
今回は全6回の講演予定の第2回目の講演となります。空撮のパイオニア加藤雄大撮影監督が行った空撮のテクニック、単に空撮するのではなく意味のある空撮の画作り、演技にからめた空撮、撮影したい構図に対する飛行ルートについてなど、実際に撮影された作品を見ながら解説を交えた講演会となります。
〜プロフィール〜
1961年に東宝撮影所の撮影助手として入社。
1970年に東宝映画に移籍した後はフリーとなる。
アメリカン・フィルム・インスティテュートナショナルメンバー。
日本映画撮影監督協会所属。

[代表作]
-連合艦隊
-ジャズ大名
-プライド-運命の瞬間
-T.R.Y.
-この空の花-長岡花火物語
-ケニー
-マンハッタン キス
日時 2016年5月11日(水)
時間 14時00分〜16時00分
定員 20名(※定員になり次第締め切らせていただきます。)
対象 ・映画の撮影や撮影現場に興味がある方
・現場に出ている方やこれから現場に出る方
内容 ・WESCAM、ヘリビジョン、手持ち撮影のそれぞれの説明

・映像を見ながらの講演
 [マンハッタン キス]
 -オープニング、エンディングのマンハッタン上空の空撮の意味とは
 [ジャイブ 海風に吹かれて]
 -綿密な飛行ルートによる空撮による海岸線の見せ方
 [奇跡の山 さよなら、名犬平治]
 -空撮からの計算された画作り
 [プライド・運命の瞬間]
 -現地のプライベートヘリによる手持ちによる空撮テクニック
 [空へ-救いの翼 RESCUE WINGS]
 -自衛隊ヘリを使った迫力のある空撮テクニック

・ヘリコプターで出来てドローンに出来ない撮影とは

※講演会終了後、加藤撮影監督との質疑応答時間があります。
費用 無料
会場 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-23-4 インテックスビル3F
Googleマップ
インテックスビルアクセスマップ(189 KB)
主催 株式会社 テックス
イベント情報
会社概要
採用情報
お知らせ
個人情報保護
サイトについて
お問い合わせ